アンテナ工事は自分でも取り付けることは可能?

自分一人でもアンテナを取り付けることができる

アンテナ工事は複雑な作業が必要というイメージがあります。ですが、実際には一人で取り付けることも可能です。取り付ける際は、次のような流れになっています。

アンテナまでの流れ

屋根に上る

分配器をブースターに経由させる

地デジアンテナを取り付ける

地デジアンテナからのケーブルをブースターに入力端子に繋ぐ

アンテナの料金価格

地デジ放送を受信するためのアンテナは、様々な商品が販売されています。それぞれ値段は違い、安いアンテナでは1,000円程度の商品も販売されています。逆に高い商品では、50,000円以上の値段のものがあるのです。住居用のアンテナを購入する人は、8,000円前後の商品を購入して設置しています。値段が安すぎると、耐久性に問題があり雨風が原因で壊れる可能性が高いです。安さではなく、安心して使用できる商品を選ぶことが重要です。

自分で取り付けることで起こる問題

自分で地デジ放送のアンテナ工事を行なう場合は、次のようなトラブルが発生する可能性があります。

考えられるトラブル

  • アンテナとテレビを繋ぐための配線が間違っていて、テレビを見ることができない
  • その地域に適した商品ではなく、電波を受信できずに映りが悪くなってしまった
  • 屋上に設置しないといけず、足場が安定せずに転落して怪我をしてしまう
  • 設置が上手くいかず、何度も外れてしまい落下して壊れてしまった
  • 設置はしたが電波塔の向きとは違う方向を向いてしまい、また取り付けを行なう

ミスをしないためにできること

男性作業員

自分でアンテナ工事を行なうと、このようなトラブルが起きてしまうのです。確実に成功させるためにも、失敗事例を把握しておきましょう。それならば同じようなミスを避け、安全に取り付けられます。また、アンテナの取り付けは1人でも可能ですが、電気工事の知識や経験がない人は危険です。自信がない人は、電気工事業者に依頼して取り付けをお願いしましょう。

TOPボタン